CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

CATEGORIES

archives

日本ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

素敵なガーデニング帽子

ウッドパーティション

2018.06.22 Friday

突然折れたローズゼラニウム

0

    JUGEMテーマ:ハーブ

     

    庭ができた時から植えているローズゼラニウム。

    苗を購入してからもう2年になります。

     

    購入1年目(2017年3月)にはこんなに小さくて、

    鉢植えの後ろに隠れていた子が

     

    暖かくなるとぐんぐん大きくなり、

    かわいい花を次々に咲かせてくれました。

     

    そして2018年1月にはこんなにモサモサに。

     

    本当はこんな花壇があるのですが↓↓

    完全にローズゼラニウムに飲み込まれてしまっています。

     

    いい加減なんとかしないとと思ってはいたのですが、こうなるともうどこをどう切ったらいいのかわからず手も付けられなくなってしまい。。。

    せっかくこんなに大きくなったのに切ってしまうのがもったいないという気持ちと、放っておいたらどこまで伸びるのだろうという興味もあり放置していたところ、この大雪で雪焼けを起こし葉が茶色くなって枯れてしまったので剪定を兼ねて柱より前に出ている部分はバッサリ切りました。

     

    こんなに切ってしまって大丈夫かしらというくらいの強剪定でしたが、すぐに何事もなかったかのように新芽を出しまくりあっという間にモサモサに。

     

    さすがハーブ。ものすごい生命力です。

     

    以前鉢植えで育てていた時にはなかなか大きくならず花もあまり咲いてくれなかったのに、地植えにすると野生に返るのでしょうか。

    すでに再び手前のミニ花壇を飲み込みつつあります。

     

     

    ところがこのローズゼラニウム、

    なぜか最近元気がありません。

    5月末ころまでは元気だったのですが、写真のように一部の葉が枯れてきてしまいました。

    また、今年は花が2輪しか咲きませんでした。

     

    雪焼けにも季節外れの強剪定にもビクともせずに復活したというのに、一体どうしたのでしょうか?

     

    ローズゼラニウムの基本データを確認してみました。

    • 日当たりを好む

       ただし夏は半日陰。

     

    • 高温多湿に弱い

       乾燥気味を好み、梅雨と夏の暑さが苦手。 

       夏越させるためには風通しを良くする必要あり。

      

    • 寒さにも弱い

       耐寒温度は3度前後。

       霜に当たると枯れるので冬は軒下か室内が望ましい。

     

    • 切り戻し

       株の下の方の古い葉は黄色くなって落ちる。

       下葉のない部分が土に埋まるように植え替える。

       または、先端を少しずつ切り戻して脇芽を出させる。

     

     

    だそうです。

     

    下の方の古くなった葉は落ちるということですが、うちのローズゼラニウムの場合、

    わさわさに茂ったものを適当にジョキジョキ切ってしまったので、今下の方にある葉は剪定後に出てきた新しい葉で、

    上の方で枯れているのは古い葉なのかもしれないと思いました。

     

    なるほどなるほど

     

    と思い庭に出て葉の整理を始めたところ、衝撃的な出来事が!!

     

     

    なんと、いきなりボキッと折れました。

     

    元気がなくなっていた部分が。

     

    あらあら・・・と思って残った部分に触ってみると、こちらもなんだかグラグラしています。

    どこがぐらついているのかしらと探ってみると

    こちらもボッキリ。

    しかもこちらは元気にワサワサしている部分です。

     

    メインの枝が2本も折れて、スカスカの残念な様子になってしまいました。

     

    でも、折れ口は白くきれいで、枯れている様子はありません。

    一体何が起きたというのでしょうか?

     

    これは私の憶測なのですが、枝の太さに対して葉の部分が重くなりすぎたのかもしれません。

     

    この場所は東向きなので日当たりは良いのですが、ウッドフェンスがありますのでフェンスより上は東からの日差しが遮られてしまいます。

    またローズゼラニウムの隣には常緑のミモザが植わっており、上からは日が差しません。

     

    そのため、全ての葉が日光を求めてフェンスの下から前へ出てくるのです。

     

    折れた枝をよく見ると下の方がねじれていました。

     

    おそらく、本来なら上へ延びる枝が前へ前へと伸び、さらに手前が段になっているため本来枝垂れる植物ではないのに重みで下の方に引っ張られる形となってしまい、負荷がかかっていたのではないかと思います。

     

    ちょうどいいことに、育て方のサイトには6月が植え替え適期と書いてありますので、近々どこか別の場所に植え替えようと思います。

     

    そうするとこの場所には何を植えましょうか。

     

    目隠しになるよう常緑のものが良いのですが、手前の花壇を覆いつくしてしまうのは困ります。

    行き場に困っているローズマリーとダスティーミラーがあるのですが、間違いなく花壇を飲み込んでしまいますよね。

     

     

    こちらはサイクリング中に見つけたローズゼラニウムなのですが、小さく見積もっても2.5メートルはありますね。

    3メートルくらいあるかもしれません。

     

    データでは樹高は1メートルくらいとなっていますが、環境が良いとこんなに大きくなるのですね。

     

    香りの生垣、素敵ですね。

    ローズゼラニウムは蚊よけにもなると言いますから、生垣にしたらお庭に蚊も寄って来ないかもしれませんね。

     

     

     

    ランキングに参加しています。

    ワンクリック応援していただけると嬉しいです。

    よろしくお願いいたします。

     
    花・ガーデニングランキング

     

    にほんブログ村 花・園芸ブログへ
    にほんブログ村


    コメント
    コメントする